• 06 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 08
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
結合には、リベットピンを使う。
139_5797.jpg

リベットピンにビニールチューブを被せ、Rピンにはヒモを通しておく。
139_5813.jpg

こうしておけば、本体に組み付けても簡単にピンを抜ける。
139_5816.jpg


プロポーションをチェック。
上半身を「ガコッ!」と、押し込んで固定モードに。
全体的なスタイルは、これまでとほぼ変わらない。
139_5823.jpg

139_5827.jpg

139_5824.jpg


そして、可動範囲を確認しようと、上半身を引き上げようとするのだが、、、

抜けない。

確かに、骨格だけで固定/リリースを試していた時は、「カコーン!」と威勢のいい音を響かせていたのだが、こうして組み上がった状態で引き上げようとしてみると、意外に力が必要なことが分かった。

大事な箇所だからカッチリと組み上がったのはいいのだが、ここまで固いと不用意に力がかかってしましい、何かしら破損の原因になるかもしれない。

なんとか慎重に引き抜いたのだが、もっと、軽く動いてほしい。
どうしたものか。。。
軽くサンドペーパーでもかけるか?いや、せっかくの精度を落としたくない。
そこで、引き戸とかの滑りをよくするワックスを塗ってみることにした。
(この商品の成分はシリコン樹脂のようだが)
139_5822.jpg

一度塗っただけでは、それほど効果はなかったのだが、何度か塗ると効果が表れてきた。
今では、あんなキツかったのが、スコスコ動くようになった。


改めて、可動範囲の確認
前へ
139_5818.jpg

後ろへ
139_5819.jpg

ちなみに、リベットピンにビニールチューブを被せてあるが、滑り止めの効果はない。


スポンサーサイト
●正面
miyuの腰は、横幅が狭いなぁ。。。
138_5804.jpg


●側面
138_5805.jpg

少し隙間(空間)ができてしまったが、問題ない。
138_5809.jpg


●背面
背中のスポンジが黄ばんでいるのは、古いスポンジを使ったから。
スポンジは時間が経つと、このように黄ばんでいく。
138_5806.jpg

ヒップは、いい感触になったのだが、それが逆に、少々困ったことにもなった。。。
138_5808.jpg


●上面
ピンを刺す穴の位置と、発泡スチロールの溝の位置がずれてしまっている。。。
138_5810.jpg


●下面
138_5811.jpg


さて、インナー股関節だが、横方向は想定した程度(5度くらい)には動く。
しかし、前後方向には、ほとんど意味がないくらいにしか動かない。


●下半身のパーツ
135_3288t.jpg

1. 体幹(下半身骨格)
2. 腹部のスポンジ(3cm厚)
3. ボール(おそらく30cmくらい)
4. 腹部内部スペーサーの発泡スチロール
5. ヒップの仕切り用スポンジシート(4mm厚)
6. 腹部内部のスペーサー用スポンジ(3cm厚)
7. 背面のスポンジ(3cm厚)
8. 脚のガイド(直径75mmの円柱材を加工したもの)
9. 腰まわりのスポンジ(3cm厚)

その1からのつづき
●『3.ボール』を入れる。
136_4723.jpg
その際、miyuのビニールとボールのビニールとがくっついて、なかなか奥まで入っていかない。
そこで、買った時にボールが入っていたネットを使って入れる。この時、ネットの先は切っておく。つまり、両端が開いた状態だ。


●これで、滑るように入れることができた。奥まで入れたら、形を整えネットを抜く。
136_4724.jpg


●『2.腹部のスポンジ』を入れる。(接着はしていない)
136_4725.jpg


●ボールに空気を入れる。
136_4726.jpg


●『7. 背面のスポンジ』を入れる。(これも接着はしていない)
136_4727.jpg


●下半身骨格をネジ止めして固定する。
136_4729.jpg

側面のネジ止め位置は、補強箇所ギリギリになってしまった。
136_4731.jpg


●ヒップの空気は、ここから調節可能。
136_4733.jpg
待てよ、このブログは『バルブレス』じゃなかったのか?!


●『4.腹部内部スペーサーの発泡スチロール』を入れる。
136_4734.jpg
これも固定していない。上半身を取り付ければ、リベットピンで押さえられ、取れることはない。


当初の予定では、下半身も各パーツを接着して固定しようと考えていたのだが、そんな余地がないくらい工程がキチキチになってしまい、結果、下半身も可逆性(修理可能)になった。


●下半身のパーツ
135_3288t.jpg

1. 体幹(下半身骨格)
2. 腹部のスポンジ(3cm厚)
3. ボール(おそらく30cmくらい)
4. 腹部内部スペーサーの発泡スチロール
5. ヒップの仕切り用スポンジシート(4mm厚)
6. 腹部内部のスペーサー用スポンジ(3cm厚)
7. 背面のスポンジ(3cm厚)
8. 脚のガイド(直径75mmの円柱材を加工したもの)
9. 腰まわりのスポンジ(3cm厚)

これらのパーツ、この部分はコレがいい、アレをこうするにはコレが必要だ、ココはこの形状になる、、、などと、用意している時点では、それぞれのパーツ単体のことしか考えてなかった。
だがしかし!いざ組み立てようとしたら、難しいことといったらありゃしない!
試行錯誤の末、この順番でないと組み立てられない、というところに行き着いた。


●まず、脚を接続するための穴を開ける。
136_3316.jpg


●その穴から、厚紙を取り除く。
136_3317.jpg
折り目をつけたら簡単に手でちぎれた。細かくして穴から取り出す。


●厚紙を取り除いたら、厚紙が入っていたビニールの内側をキレイに拭き、接着する。
136_3319.jpg


●『8.脚のガイド』をタッピングビスで固定。
136_3320.jpg


●『9.腰まわりのスポンジ』を接着。
136_4716.jpg


●ホールアダプターを入れる。
136_4718.jpg


●パーツリストには載っていないが、3cm厚のスポンジをスペーサー(高さ80mm x 幅126mmくらいだったと思う)として入れる。
136_4719.jpg


●下半身骨格を入れる。(まだ固定しない)
136_4720.jpg


●背面に『5.ヒップの仕切り用スポンジシート』を入れる。
136_4721.jpg


●前面に『6.腹部内部のスペーサー用スポンジ』を入れる。
136_4722.jpg


その2に続く。


●下半身のパーツ
135_3288t.jpg

1. 体幹(下半身骨格)
2. 腹部のスポンジ(3cm厚)
3. ボール(おそらく30cmくらい)
4. 腹部内部スペーサーの発泡スチロール
5. ヒップの仕切り用スポンジシート(4mm厚)
6. 腹部内部のスペーサー用スポンジ(3cm厚)
7. 背面のスポンジ(3cm厚)
8. 脚のガイド(直径75mmの円柱材を加工したもの)
9. 腰まわりのスポンジ(3cm厚)

この他にも、制作の過程で、この一覧にないパーツも必要になったため、それらは、その都度、説明していくことにする。


この段階になって、四号機の製作に取りかかる前に書いた『miyuがビッグマイナーチェンジしていた!』では気付かなかった変更点を見つけた。しかも、大きなポイントだ。
それは、下半身のパーティングライン(写真の赤いライン)の位置だ。
135_1852_35.jpg

このラインが、バージョン3のmiyuより、1〜2cmくらい上がっているのだ。
これは、全体のプロポーションに結構な影響を及ぼしている。
miyuがビッグマイナーチェンジしていた!』を書いていた時点では、なんとなくプロポーションが良くなったなあ、、、という漠然とした感覚しかなかったのだが、その要因がこのパーティングラインの位置だったのだ。


組み立てる前に、少しパーツの説明を。

・ビニールの補強
背面と横(腰のあたり)に、骨格を固定するためのネジを打つため、ビニールのパッチを重ねて接着し補強してある。
135_3286.jpg


・内臓股関節カバー
割りピンの先端が尖っているため、内部のスポンジなどが傷つかないように、椅子の脚に被せるソックスを加工してカバーにした。
135_3292.jpg


・腹部内部スペーサーの発泡スチロール
胴体結合用のピンを抜き差しするために凹ませてある。
135_3293.jpg


・腹部のスポンジ
上部はラウンドさせてあるのだが、やはりスポンジを削るのは難しい。これでも、キレイになったほうなのだ。
135_3294.jpg


・で、どうにも目立つピンクのボールだが、、、
これは、ヒップになる。

バージョン3のヒップは、発泡ウレタンの上に薄いウレタンの入ったヒップアップショーツ被せただけだったため、感触が硬くて失敗した。
そこで、今回は感触にこだわってみた。
一番簡単な方法は、バージョン2以前のようにスポンジを使う方法だ。
しかし、スポンジは柔らかいけど弾力がない。
そこで、シリコン製のヒップや、バージョン3で使っている劣化した谷間ブラでも使おうと考えていたところ、ふと、100円ショップで、このボールが目に止まった。
触ってみると、なかなかいい感触だったため、使ってみることにした。

このボールは、ボール用の空気入れノズルをバルブに刺せば、空気を抜くことができる。
135_3298.jpg
Copyright © 2018 ValveLess Doll. all rights reserved.