ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
どんな感じになるのか、胴体を合わせてみた。
胸部のスポンジシートは、気持ち肋骨の形のようにカット。
IMG_1359.jpg

しかし、はじめから薄々気がついていたのだが、上下パーツで断面が違いすぎる。。。
IMG_1363.jpg

なんとか段差を吸収しようと、腹部のスポンジを削る(赤の部分)。
それに伴い、腹部のビニルも絞る。
IMG_1404.jpg

腕から生えていた"キノコ”もカット。
IMG_1369.jpg

そして、バルブをカット!
IMG_1356.jpg

スポンサーサイト
膨張が完全に終了したら、発泡スチロール用のナイフを使って、せり出した部分をカットしていく。
(しかし、このカットが問題になることを、後になって気がつくのであった。。。)

IMG_1342.jpg

サクサクと、発泡スチロールよりも心地よく切れる。
しかし、色の濃い密度が高い部分では、ゴリゴリと固い。

IMG_1345.jpg
IMG_1346.jpg

首のビニルも、頭部との接合のため切り取る。(これも後々、後悔することになるのだが。。。)
IMG_1366.jpg


肩の形が、左右でずいぶん違ってしまった。
ウレタンフォーム充填前に、もっと丁寧に形を整えておくべきだった。
IMG_1349.jpg

なんとか、カットで均衡をとろうとしたが。。。
IMG_1350.jpg


一度で、うまくいくとは考えていなかったが。。。
各部、いろいろ問題が出た。

・腰まわり
あれだけ高く膨張したのに、スポンジとの段差部分にまで膨張が行き届いていない。
こういう隅の部分は、膨張で埋めようとするのではなく、あらかじめ充填した方がいいようだ。
IMG_1311 2

・胸
ここもパーツの隙間など、膨張が至らなかった部分がある。
また、膨張の際の圧力でスポンジシートと発泡レンガ(ブロック)が浮いてしまった。
発泡レンガとスポンジシートを接着しておけばよかった。
また、この隙間に、充填前の霧吹きの水分が逃げ場を失っている。
(小さな穴を開け、水分を逃がすのに随分とかかった)
IMG_1316 2

・腕
濃いピンクのところは、密度が高い部分。
密度が高くなると、硬化が遅くなる。最悪、硬化しない。
量を多めに注入すればいいってもんじゃないことが、よく分かった。
この部分も、一晩たっても硬化しなかった。触ると、ブヨブヨする。
そこで、少しでも外気に触れさせて硬化を施そうと思い、カッターナイフで穴を開けたら、ヒョコヒョコと小さなキノコみたいに吹き出てきた。
IMG_1322 2

・ホール
厚紙で作ったスペーサーで形を維持しようと思ったが、発泡の圧力で若干、潰されてしまった。
写真は、既に内側に迫り出した部分を削ってある。
この削る作業に、思いのほか手こずった。
ホルダーを装着して発泡すればよかった。
IMG_1343.jpg


発泡完了!(膨張終了)

・下半身
下半身は、特に多めに注入したから、かなり膨張した。
IMG_1310.jpg

・上半身
こちらは膨張の逃げ道がないことから、ちょっと量を加減したこともあって、首まわりの膨張が足りなかった。
IMG_1313.jpg
IMG_1318.jpg

・腕
開口部の膨張具合が、スフレみたいでおいしそう。
IMG_1321.jpg

・頭部
IMG_1328.jpg

・RENの胴体
余ったから、試しに入れてみたもの。
やはり、外形を整えないと、発泡の圧力だけで形を整えるのは難しそう。
IMG_1326.jpg


・発泡が完了して。。。
重量は、発泡スチロール並みの軽さか、それより、ちょっと重いくらい。
強度も十分。体重をかけても潰れるようなことはない。
構造体としては、悪くない感じ。

しかし、いろいろ問題も出てきた。


発泡中。

パチッ、パチッ、と微かに音をたてて発泡している。
この後、まだまだ膨張する。

IMG_1303.jpg

IMG_1301.jpg

IMG_1302.jpg

いよいよ、ウレタンフォームを注入する。

発砲ウレタンは、空気中の水分と反応して発泡・硬化するということで、密閉した空間に使う場合は霧吹きで水を軽く吹きかけてから注入するそうだ。
(完全に密閉されたところでは、硬化しないらしい)

なので、まず、内側に水を霧吹きで吹きかけて、さあ、いよいよ注入‼
この発泡ウレタンは、通常のスプレー缶とは違い、噴射口を下にしてスプレーする。


じゅじゅじゅ〜〜


スプレーしたときの感触は整髪剤のムースと同じ。
ただ、缶がデカイのと、逆さまにして持たなければいけないので使いにくい。
ビニール手袋を使ったせいもあって、スプレー缶がすべって細かいコントロールができなかった。

足りないよりはマシだろうと思い、量は多めに、一気に注入していく。


そうして、なんとか全パーツに注入できた。
IMG_1298-2.jpg
結局、余ったので、RENの胴体とか使わないパーツにも注入した。


これが、使用後の缶。
IMG_1309.jpg
こりゃ、一回使いきりな訳だ。

使ってみた感じでは、750㎖一缶で、nana一体やmiyuの胴体部くらいは注入できそうだ。
RENやaki、宇佐羽えあは、一体丸ごとは難しいか?といったところか。


今まで、“詰めもの”と言ってきたが、内部の構造体としてコレを使う。

この改造のキモ、発泡ウレタンだ。
IMG_1248.jpg

発泡ウレタンとは、スプレーした際はムース状なのだが、これが文字通り発泡して膨らんでいき最終的には容積が2倍ほどの発泡スチロールのようになる。

写真は、ホームセンターの『カインズホーム』で買ってきたもの(750㎖)。
340㎖:498円と、750㎖:798円の二つのサイズがあり、けっこう安い。


しかし、使うのは初めてなので、どんなふうに発泡するのかまったくの未知数だ。

・空気中の水分と反応して発泡するということだが、ビニルの密閉された空間でうまく発泡してくれるのだろうか。
・体積が2倍になるということだが、どのように膨らむのか見当がつかないので、各パーツにどれだけの量を注入したらいいのか。
・発泡の圧力はどの程度なのか。ビニルを膨らませるだけの圧力があるのか。
・発砲後の強度や重さは、どれくらいか。
・スプレー缶は一回使いきりということなのだが、果たして一缶で足りるのか?
(一応、750㎖缶を2本買ってきてはいるが、どう考えても2本は必要ない)



上半身下半身の準備はできたが、頭部と腕の準備もする。

・頭部は、すき間から発泡ウレタンが内側に膨張しないようにテープをする。
IMG_1292.jpg

・腕は、形が崩れないように厚紙で形を整える。
IMG_1294.jpg


ラブドールシリーズは断面から見ると、胸の形が山なりになってるため、バストが外を向いてしまう。
IMG_2616-1.jpg

これを、シリコン製のバストをつけた時に、キチンと谷間ができるよう平坦にする。

胸の形を形成するのに、実際の人間の胸囲の形に近く、尚かつ、体重をかけても潰れないような強度をもったもの。。。と探していて見つけたのがコレ。

・ダイソーのシャンプーボトル(1000㎖)。
IMG_1272.jpg

・これを同じくダイソーで買った、発泡スチロールのブロックに両面テープでくっつけた。
IMG_1284.jpg

これでは感触が硬いのでは?と思うかもしれないが、人間だって肋骨まわりは硬いもの。
とはいえ、やはり硬さが無機質なので、これまたダイソーのスポンジシートで、このボトルのまわりを包む。
IMG_2628.jpg

・スポンジシートは両面テープでmiyu本体に貼り付けた。
ボトルとブロックは押し込んだだけ。サイズがmiyuの胸囲とほぼピッタリだったため、特に接着しなくても抜けることはないようだ。
あとは、あまりにも平ぺったくなりすぎたので、背中側にスペーサーとして余ったスポンジシートを入れて、多少なりとも厚みをもたせた。
IMG_1290.jpg
発泡スチロールブロックのマーキングは、下半身との接合のための印。


バルブの位置のせいか、miyuは首筋の形状が左右で違うことに気がつく。
どうしたものか。。。
IMG_1296.jpg
*現行モデルは修正されている。

下半身の形を整えていく。

・厚さ3cmのスポンジシートを、腰からヒップにかけてと腹部の形にカット。
言うなれば、皮下脂肪か。
IMG_1260-1.jpg

・スポンジを入れたところ。
接着はしていない。入れただけ。
厚紙でウエストまわりの形を保持。
IMG_1286-1.jpg

・nanaのホール位置は後ろよりなので、前の方にずらす。
そのため、本体と同じくらいの厚さのビニルを使い、両面テープで内側から固定。
IMG_1263.jpg

・miyuの胴体に付いていた厚紙を、内側から両面テープで貼り付けた。
IMG_1287.jpg

・ホールは、宇佐羽えあのホールアダプターを使う。
IMG_1268.jpg

・そのホールアダプターのためのホルダーを厚紙で作成(写真はビニルが巻いてある)。
これは後ほど撤去する。
IMG_1297.jpg

・脚だけはmiyuのものをそのまま使う。構造が単純なためか、なかなか空気漏れをしない。
また、隠ぺい性 収納性を考えても、そのほうが有利だ。



えあ★まん 正統派ロリ
えあ★まん 正統派ロリ


今度こそmiyuの出番だ。

・前述のように、下半身はnanaを使うので、miyuも上下で切断。
とりあえず、ビニルの接合部で切断してみた。
IMG_1230.jpg

・nanaの下半身に合わせて胴体の長さを整えるため、上半身の余分な部分をカット。
nanaのときと同様に、“詰めもの”をするので中身(仕切り)を切り取った。
頭部も、別のものを使うので切り取った。
miyuをはじめ、ラブドール全般の頭部は、“ロリ”とかじゃなくてサイズが小さい。
腕は、RENのを使うから最終的には切り取るのだが、この段階では残しておいた。
IMG_1233-S.jpg

・バストも切り取った。
IMG_1281.jpg

・頭部は、ダイソーで売っていた発泡スチロールのものを使用。
(ダイソーとはいえ、680円だった。。。)
IMG_1244.jpg

・そして、切断。
IMG_1280.jpg


miyuをベースにすると言っておいて、nananである。
IMG_1222.jpg
miyuは、一旦あっちに置いといて。(/・ω・)/ [miyu]

miyuはロリ体形ということで、個人的な好みとしては、ちょっとボリューム不足なのだ。
そこで、“グラマラス”なnanaの下半身を使うことにする。


・欲しいのは下半身だけなので、上半身と下半身とで切断。
ちなみに、このnanaは、何度も空気漏れを起こし、押し入れの奥で眠っていた。
IMG_1225.jpg

・“詰めもの”をするために、切断した下半身の中身(仕切りとか、ホールとか)を切り取った。
IMG_1226.jpg

・ヒップを絞る。
写真では分かりづらいが、赤で囲った部分を内側に折って接着してある。
いくらボリュームがあったほうがいいとはいえ、そのままではパンツもはかせられない。
IMG_1229.jpg


・今度はRENだ。
これも、何度も空気漏れを起こし、押し入れの奥のほうで眠っていた。
IMG_1224.jpg

RENは、腕を使う。
腕だけだ。他は使わない。
miyuの腕は若干、短いのだ。
それに、少し肩が張っていたほうが、コスチュームを合わせやすい。
IMG_1236.jpg



LOVE BODY nana ラブボディ ナナ
LOVE BODY nana ラブボディ ナナ

LOVE BODY REN(ラブボディ レン)
LOVE BODY REN(ラブボディ レン)


改造をはじめる前に、Air Doll(ラブドール、ラブボディー)の補修方法(自己流)を紹介しておく。

仮に、この赤い部分から空気が漏れているとする。
IMG_2271.jpg

・まず、厚さ0.1〜0.2mmほどの薄手のビニルの“パッチ”を用意する。
IMG_2272.jpg

・本体とパッチそれぞれに、ビニル用の接着剤を薄く均一に塗る。
IMG_1246.jpg
IMG_2274.jpg
判りにくいが、接着剤が塗ってある。

IMG_2277.jpg
薄いビニルに接着剤を塗ると、反ってしまうので注意。

・接着剤がベタつかない程度に乾いたら、張り合わせ圧着する。
IMG_2282.jpg

・接着剤が完全に乾くのを待つ。(24時間くらい)


要は、ビニル用接着剤の説明に書いてある通りにするだけ。
過去、これで補修箇所から、再度漏れ出したことはない。

漏れるとしたら、また新たな箇所からだ。。。


エアダッチ補修キット
エアダッチ補修キット
Air Doll(空気で膨らますラブドールのことを、ここでは以後『Air Doll』とする)は、空気漏れをする。
どんな製品でも、どんなに気をつけて使っていても、いずれは漏れる。
これはもう、仕方のないことだ。

過去、何体か使ってきたが、いずれの製品も空気漏れを起こした。
空気漏れを起こすたびに補修し、直ったと思ったら、また別の箇所から漏れはじめる。。。
厄介なことに、空気漏れを起こす穴は、ほとんどの場合、目視で見つけるのが困難だ。
それでいて、時には一回のプレイも保たないうちに空気が抜けていく。

何とかならないものかと、あれこれ考えた末、思いきって改造することにした。
ブログタイトルにもある通り、“バルブレス”、すなわち構造体として空気は使わない。
だが、“定番”の綿も使わない。
なるべく、材料は入手しやすいもので、工程も小学生の工作レベルで出来るようにしようと思う。

1点を除いては。。。


ベースとなるのは、ラブボディのmiyuだ。
IMG_1216.jpg
さてさて、これがどうなっていくのか。。。


Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.