• 08 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 10
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
まずは、下半身の骨格。
インナー股関節を除くとバージョン3と同じような構成なのだが、あんな複雑なロック機構はない。
126_3205.jpg
組み立てたら、見事にひと塊りとなり、思っていた以上の強度となった。


こちらは後ろ(背中)側。
この2つの穴は、タッピングネジで表皮のビニールと固定するための下穴。
126_3206.jpg


この下半身で使っている正方形の板は、フィギュアなどをディスプレイするための『飾り台』だ。
バージョン3ではアクリル板を使ったが、今回はインナー股関節を皿タッピングネジで内側から固定する必要があったため、厚みがあり加工がしやすい木製にした。
125_1979.jpg
木製でも、ただの切り出しの板ではなく、加工してある『飾り台』を使ったのはなぜかというと、切断されただけの板では反りや歪みがあるからだ。
その点、この『飾り台』なら、底面も削り出されているため、反りや歪みがない平らな面となっている。


内側、上半身が収まる部分と、固定・回転の軸となるリベットピン。
126_3207.jpg
組み付けで、ちょっと隙間ができてしまった部分もあるが、、、

ものすごく、カッチリ収まる。
126_3208.jpg
この状態では、上半身は動かない。
バージョン3のようなロック機構がなくても、しっかりと固定されている。
この剛性感は、バージョン3以上だ。
かといって、硬いわけではない。“カッチリ”なのだ。


可動の機構は『体幹』でも説明したが、上半身を上に引き上げると前後に動くという単純な仕組みだ。
126_3209.jpg

126_3210a.jpg

カッチリ収まっているため、上半身を引き上げる際に「カコーン!」という非常に小気味いい音がする。
小気味いい音のだが、ちょっと音が大きいかも。。。


骨格の全体像。(仮組み)
126_3212.jpg
人らしくなってきた、、、か?


スポンサーサイト
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.