• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
頭部というか、顔の話になるのだが。

このブログでは、ビニールにプリントアウトした写真を貼り付けるという、いとも簡易的なマスクを作っているのだが、他にも、いろいろなやり方がある。
90_7059.jpg


まず、市販のラブドールの頭部(顔)には、どんなものがあるのか考えてみた。

・ビニールに直接プリントされたもの
前世代的なスタンダードな形式。肌色のビニールに顔が印刷されているのだが、平面的で、多くの場合クオリティーが低い。


・ラブボディシリーズ
透明のビニールに、それまでのラブドールと比較にならないプロポーションで、一躍ラブドールの主流になる。
しかし、パッケージの3Dキャラとは裏腹に、頭部もビニールで顔がない。
LOVE BODY AKI 【typeB】 (ラブボディアキ タイプB)
LOVE BODY AKI 【typeB】 (ラブボディアキ タイプB)


・これに、「装着」という、簡単かつ画期的な方法で顔を作り出したのが宇佐羽えあだ。
この「えあ★ますく」は、表情のバリエーションも多数用意されていて、簡単に取り替えられる。
えあ★ますく Face.01 素顔
えあ★ますく Face.01 素顔

無地のマスクもあるので、自分で画像を用意してアイロンプリントすれば、オリジナルのマスクも作れそう、、、とか考えたのだが、装着時に画像が変な風に伸びたりと、成功するまでに2、3枚犠牲にしそう。(そもそも、サイズが小さい)
えあ★ますく Face.00 無地
えあ★ますく Face.00 無地


・立体の頭部
最近では「朝起きたら隣で裸Yシャツが寝ていた。」が人気のようだ。
「朝起きたら隣で裸Yシャツが寝ていた。」(Vol.3)
「朝起きたら隣で裸Yシャツが寝ていた。」(Vol.3)

Vol.3になって、マスクが半面になってクオリティーも上がってるようだ。
「朝起きたら隣で裸Yシャツが寝ていた。」(Vol.3)


ラブドールを改造する際、上記のような市販品の頭部を流用してもいいのだが、他にも方法がある。

・マネキンの頭部
105_imgrc0118801365.jpg
定番(?)のドールカスタム。
しかし、表情が無機質で、大概の製品はメイクがキツイ。


・技量があれば、発泡スチロールのマネキンヘッドを改造するのもいいかも。
IMG_2225.jpg
眼球をドール用のものにしたり、唇をシリコンで作ったり。もちろん、塗装もしなければならないが。


3Dプリントでマスクを作るという方法もある。
DMM.make 3Dプリント


・そして、究極はオリエント工業
全てにおいて別次元のラブドール。
105_sino_03_l.jpg

本体は買えそうにないが、頭部だけの販売もしているようだ。
それでも10万円前後するのだが。。。

オリエント工業が素晴らしいのは、そのクオリティーは当然のことながら、リアルなのに「不気味の谷」を感じさせないところだ。
どこかの大学教授のアンドロイドのように、リアルに人間に近づければ近づけるほど、かえって人間は、それを異質なものに(=不気味に)感じてしまう。
しかし、オリエント工業のドールの顔は、リアルなのに、その「不気味の谷」を感じさせないのだ。
それは、おそらく絶妙にデフォルメしてあるためだろう。
リアルな人間の顔というより、人間みたいな人形の顔とでも言おうか。
105_mari_12_l.jpg

それにしても、オリエント工業のサイトのサンプル写真は、エロさの何たるかをわきまえているw。

そんなオリエント工業のドールの頭部だが、他のラブドールに取り付けられるのだろうか?
たとえ、改造して取り付けられるようにしても、頭部とボディーとのバランスが、恐ろしく悪いものになりそう。。。
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.