• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
4体目である。
109_1852.jpg
いまさら、素のmiyuについて書くこともないよな、、、とも思った。

が、

タイトルにあるように、けっこう大きな変更が加えられていて、『これはちょっとスゴイぞ!』と、うなってしまったのだった。


★はじめに、一般的な注意書き。
パッケージから取り出したら、まずは空気を入れて膨らませ、表面に薄っすらと付いている、ビニールが固着するのを防ぐためと思われる細かい粉を洗い流そう。
109_5036.jpg


ということで、パッケージから出して、まずは胴体に空気を入れていたら『あれ?アタマ、大きくなったか?』という気がした。
109_1863.jpg
あいにく、これまでの頭部のサイズを測っていなかったため比較ができず、実際に大きくなっているのかどうかは分からない。

気のせいか?
まあ、いい。


次に、脚に空気を入れていく。
『あれ?脚、太くなってないか?』
正面からのパッと見が「華奢な脚」というより、「ムッチリした脚」という印象を受けるのだ。(個人的には、これも好きだが。。。)
109_1856.jpg

脚は、現在使っているバージョン3と概ね比較可能なので測ってみた。

・旧(バージョン3)
もも周り:39.5、40cm(左右でサイズが違う)
ヒザ周り:31cm
ふくらはぎ周り:28.5、29cm
足首周り:19.5cm

・新
もも周り:41.5cm
ヒザ周り:32、33cm
ふくらはぎ周り:31、31.5cm
足首周り:20.5cm

それぞれ1cm〜2cm程度の差だが、やはり太くなったようだ。
ただ、これも個体差なのかもしれないが。


空気を入れて、さあ、洗おうか、、、
と、その前に、
バージョン2や3の時、胴体の厚紙を外すのを忘れて洗ってしまい、厚紙が反り返ってしまったという苦い経験がある。
72_6461.jpg
そうそう同じ失敗ばかりしてられない。今回は、ちゃんと外そうと思ったら、、、

!!!!

脚の方と同じように、厚紙が内蔵されているじゃないか!!
109_1867.jpg
ここで、まず一発、喰らわされた。

これは他にも変更点があるかもしれないと思い、洗ってから、じっくり観察してみることにした。


まず、脇の下の接着部分が、旧モデルの4重マルから3重マルに変更されていることに気がついた。
・旧
109_6440.jpg

・新
109_1879.jpg

これにより、ブラとかコスチュームが着せやすくなったかとも思ったが、どうも、それほど変わらないようだ。
しかし、見た目はスッキリした。


最大の変更点が、ホールの装着位置だ。
これまでは、やや前よりに装着するようになったいたのが、真下に装着するように変更されているのだ!
・旧(赤線は後で説明)
109_6424.jpg

・新
109_1869.jpg

これまで、なぜ前よりになっていたかというと、おそらく、”挿入”の際に脚が邪魔になるためだと考えられるのだが、それを、なぜノーマルな位置に変更したのか?
プレイの際は脚を外すことを前提としたのか、リアルさを追求したのか、理由は分からないが、試してみたところ、正常位では、それほど問題ないように思える。(個人差あり)

それと、細かいところだが、股とヒップをつなげる整形板(赤線の部分)も変更されている。
*「整形板」と書いたが、正直、正確な名称が分からない。空気を入れて膨らました時に、内部から形状を保持するためのビニールのことなのだが。


このブログ的には、本体のバルブの位置が左から右に移ったことも、大きなトピックだ。
109_1865.jpg

なぜ、右側に移したのか?それは分からないが、しげしげと背中を見ていたら、個人的に一番おどろいた変更点を見つけた。

それは、胴体中心部の整形板の取り付け位置だ。
・旧
109_7066.jpg

・新
109_5038.jpg

旧モデルでは、胴体の中心から、かなり余裕を持って取り付けられているが、今回のmiyuでは、中心のパーティションラインぎりぎりに取り付けられている。

攻めてるな。

これを見ると、クオリティーを上げようとするメーカーの心意気が感じられる。


他にも、腕が長くなったようだし、バストの形も楕円形から円形に近くなったようだ。
いや、そもそも、根本的に一から見直されたのかもしれない。

全体的な印象では、スリーサイズの変化はないが、プロポーションが良くなり、各部が『ギュッ』として、より可愛らしくなったように思う。

ラブドール改造のベースにするなら、宇佐羽えあよりmiyuだ!

これは、A-ONEからの挑戦状と受け止めた。


しかし、一つ小言がある。
脚の、折り返して胴体と固定するビニール部分が、ご覧の通り。
109_1873.jpg
端の処理が雑なだけでなく、部分的にビロ〜ンと伸びてしまっていて、もう片方の脚と比べると、保持力が明らかに低くなってしまっている。
たまたま、ハズレを引いてしまったということだろうが、全体的なクオリティーが上がっているだけに残念だ。


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.