• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
やり直しーーー!!!


前記の通り、一通り完成して試してみたところ、一発でジョイントがユルユルになった。
プレイ中に腕は外れるわ、頭は取れるわ、胴体はまっ二つになるわ。。。
いずれは、そうなるだろうと思っていたが、想像以上にジョイント部の発泡ウレタンが潰れるのが早かった。
IMG_1467.jpg


発泡ウレタンの切断面を覆った、薄いスポンジシートもボロボロになった。
ジョイント再考の前に、まずは発泡ウレタンの切断面をなんとかしよう。

発泡ウレタンの切断面について』でも説明したが、塗装、焼き、スポンジシートの貼り付けと、完成前にいろいろ試したが、結局どれもダメだった。

そこで、発泡ウレタンの切断面は、粘土で埋めることにする。

これまた、ダイソーの軽量粘土。
IMG_1451.jpg

あと、Mr.クレイ。こちらも軽量粘土だ。
IMG_2481.jpg

それぞれの粘土の特性が分からなかったので、とりあえず両方使ってみることにした。
使ってみた感じでは、重さはダイソーの軽量粘土のほうが軽く、硬さはMr. クレイのほうが石膏のような硬質感がある。


・首
IMG_1561.jpg

・頭部
IMG_1571.jpg

・腕
IMG_1573.jpg

・肩
IMG_1563.jpg


これで、なんとか発泡ウレタンの切断面を覆い隠すことができた。

しかし、この粘土、両方とも乾くのが遅い!
使用した体積の割に、空気に触れている面が少ないことが要因ではあるのだが、ある程度乾くのに一週間以上、完全に乾燥するまでには月単位の時間がかかった。
特にダイソーの粘土が、時間がかかった。


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.