• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
まあ、レビューというほどではないのだが、バージョン2を制作するに当たり、今回、改めてmiyuを買ってみたら、バージョン1を作った頃と少し変更になっている部分もあり、その違いを見てみようと思う。
IMG_2454.jpg

まず、パッケージのビニール袋から取り出してみると、なんだかザラザラしている。
ホコリか?何か汚れが万遍なく全身に付着していて、一度、シャワーで洗い流さなければならなかった。
これは、バージョン1を制作する際に買ったnanaも同様だった。
多くの人には関係ないが、内部も同様に汚れていた。
発泡ウレタンの付着に影響しそうだから、こちらも洗い流した。


一番大きな改良点は、肩のラインが左右対照になったこと!!!
バルブの位置が若干変わったことで、左肩のラインが正常に取れるようになったようだ。
■旧モデル
IMG_1296_1.jpg
■現モデル
IMG_2473_1.jpg


しかし、製造面でのクオリティーは下がっているような気がする。
全体的に、ビニールの接合部の“バリ”が大きくなったようだ。
また、個体差なのかもしれないが、左右(どちらが右で左っていうものでもないが。。。)で足先の形が随分と違う。
IMG_2477.jpg
これでは、ネンザしてむくんだみたいだ。

脚でもう一点。
バルブの弁が甘く、空気を入れて、バルブから空気入れのノズルを抜くと、すぐに空気が抜けはじめてしまい、なかなかうまく空気を入れれない。
(参考http://valveless.blog.fc2.com/blog-entry-24.html

このようなことから、この脚は使えないので、バージョン1のものを使うことにした。


そして、ふと目についた鎖骨部分。
IMG_2475_2.jpg



なんだ、これは?
なんだか、空気漏れを塞いだパッチのようにも見えるが。。。
こういった部分、経験上、空気漏れを起こしやすいところなんだよな。。。
全身の所々に見られる、赤いシミも気になる。。。
まさか本当に。。。
確証は持てないので、これ以上の言及は避けるが。。。

◇ ◇ ◇

バージョン2の制作に当たり、しばらく、このmiyuに空気を入れて採寸とかマーキングとかをしていたのだが、気がつけば、だんだんとしぼんできたような。。。
これは、明らかに空気漏れを起こしている。
特にこれといった負荷をかけたわけでもないのだが。。。

だが、それがどうした!
繰り返すが、エアドールとは、こういうものだ。
エアドールは、遅かれ早かれ、空気漏れを起こす。
それは、構造上どうしようもないと考える。
それで製品やメーカーを責める気にはなれない。
だからこそ、自ら、こうして改造・カスタムをするのだ。

■追記

全身に付着している“汚れかホコリ”と思たものは、実は、静電気などでビニール同士が付着するのを防ぐための粉なのではないか?


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.