• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
IMG_2754.jpg

バージョン2を作るにあたり、まず一番に考えなければならなかったのが、上半身と下半身の接合方法。

バージョン1.1の塩ビパイプ(VP 20)接合でも、それなりの強度はあったのだが、差し込んでいるだけだから、使っているうちに徐々に抜けてくることも有り得る。

もっと、確実な固定方法はないものかと、あれこれ考えていたある時、頭の中が「クルリ」と回転した。

そうか、シャンプーボトルを逆にすればいいんだ!
シャンプーボトルの口を下にして固定し、キャップ部分を使って固定すればいいのでは?と思いついた。

図にすると、こんな感じだ。
IMG_2771_2.jpg


●肩のジョイントも、強化しなければ。
肩のジョイントは、強度の向上を図るため、塩ビパイプをシャンプーボトルに固定しようと考えていた。
それがシャンプーボトルを逆さまにすることによって、塩ビパイプの取り付け位置がちょうどボトルの底の高さになり、安定して固定できるようになった。
IMG_2767_1.jpg
写真は仮組み。
実際は、ボトルを上半身のビニールに組み込んでから、塩ビパイプを取り付けることになる。
S字フックは、片側をリング状にして使う。
写真は、右が元のS字フック、左が片側を潰してリング状にした状態。
使うのは、片側に一つずつ。

S字フックは、このように取り付ける。
IMG_2770.jpg
このS字フックの役割りは、また、その時がきたら説明しよう。


●発泡スチロール・ブロック
発泡スチロール・ブロックだけでは胸の厚みが足りないため、背中側を木材でかさ上げした。
せっかくだから、背骨っぽくしてみた。
IMG_2763.jpg


●バージョン1と同じく、元の丸みのある胸板を平らにするため、マーキングした部分で絞る。(ビニル用接着剤で接着)
IMG_2762.jpg

(参照:「上半身の成形」)


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.