ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
胴体接合部の土台として、上半身と同じ発泡スチロール・ブロックを使う。
土台としての強度を考えて、木材のほうがいいかとも思ったが、重量が増えるのを嫌って発泡スチロールにした。
IMG_2774_2.jpg
切れ込みは、そこに発泡ウレタンを充填して、簡単に抜けないようにするため。
写真で「ボーダーライン」と示したところは、これ以上発泡ウレタンを膨張させてはいけないというライン。
果たして、うまく膨張をコントロールできるのか?


miyuのホールの位置は前寄りなので、バックからでもできるようにと、ホールを後方に拡張した。
IMG_2746_2.jpg

IMG_2752_2.jpg

穴を拡張したので、ホールアダプターが抜けてこないように、スポンジをスペーサーとして噛ます。
IMG_2775.jpg
と、同時に、発泡ウレタンの膨張時の圧力で、穴が潰れるのを防ぐための補強材としても使う。
前回は厚紙で作ったら見事に潰れてしまったので、今回は、この硬目のスポンジを使う。


腹部のスポンジは、バージョン1と変わらず。
IMG_2800.jpg

前回は、nanaのビニールの内側に3cm厚のスポンジを入れたが、今回は下半身もmiyuを使うので、ヒップのスポンジはビニールの外側に接着することにした。
今回は、一応、腰回りにも1cm厚のスポンジを入れた。
IMG_2804_38.jpg

ヒップは、発泡の圧力によって形を作ろうと考えた。
果たして、発泡の圧力だけで、キレイに形を作れるのだろうか。。。


発泡時のウエストを保持して形を決めるために、ワイヤーハンガーを曲げてビニールの内側に入れる。
所々、黒く見えているのがハンガー。(『バージョン2の材料』参照)
IMG_2807_2.jpg


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 ValveLess Doll. all rights reserved.