• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
発泡中。。。
おおよそ2、3時間くらいで、だいたい硬化する。
IMG_2876.jpg

しかし今回は、ただ待つだけというわけにはいかない。
ボーダーラインを死守しなければならないのだ。(発泡ウレタン充填!!


そもそも、このボーダーラインは何のためかというと、シャンプーボトルのキャップが収まるスペースなのだ。
IMG_2880_1.jpg
まわりはスポンジなので、スポンジを押しのけて指を入れれば、キャプを回して固定できるという計算だ。


以前(発泡ウレタンの切断面について)にも書いたが、発泡ウレタンの切断は容易だ。サクサクと気持ちよく切れる。
しかし、切断面は無数の細かな気泡がむき出しになり、こすれるとそれが潰れて細かなカスが出る。
それに対し、発泡の過程で空気に触れて固まった表面(スキン層)は安定している。

そういうことで、バージョン1で泣きをみた教訓から、できることなら発泡ウレタンは切断したくない。
しかし、「膨張はこの線まで」と決めても、そこで膨張を止めるようにウレタンフォームの注入をコントロールする技は持ち合わせていない。
切断をせずに膨張をコントロールするにはどうするか?
うまくいくか分からないが、膨れ上がってきたウレタンフォームを、手で取り除いてくことにした。


ムクムクと膨れ上がってくるウレタンフォームをヘラ(割り箸)で取り除いていく。
IMG_2816.jpg
見かけはムース状だが、実態は粘性が強くベトベトしていて、なかなかキレイに取り除けない。
それでも、ヘラで取っては、またムクムクとマグマのように涌き上がってくるウレタンフォームを取り除き、、、ということを何度も繰り返しているうちに、だんだん周囲から硬化しはじめてきた。
IMG_2818.jpg
最後は、写真のように、中心部だけからウレタンフォームが涌き上がってきていたが、やがて、それも収まり、無事ボーダーラインを死守できた。

しかし、表面は、まさに溶岩が涌き上がった跡のよう。
IMG_2890.jpg
それでも、しっかりとスキン層を形成しているので、切断面のようなカスが出ることはない。


こちらは、ホール部分。
IMG_2891.jpg
拡張したホールを硬めのスポンジ状の部材で形を整えようとしていたのだが。。。


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.