ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
とにかく、補修をせねば。

破損した下半身側の発泡スチロールブロックは、発泡ウレタンで固着している。
これを削り取って、木材に変えてもいいが、そうすると、今度は、その木材と下半身との結合の強度が心配になる。


とりあえず、発泡スチロールの破損した部分を削って凹状にして、上半身側にも凸状のジョイントを作り、はめ込むことにした。
IMG_4655.jpg
抜け落ちるのを防ぐために、内側に厚さ1mmのビニールを貼り付けた。

・上半身側の凸ジョイント
IMG_3139.jpg

・こういう感じで接合
IMG_3138.jpg

これで試してみたところ、まあまあ良かったのだが、やはり、凹側の発泡スチロールの強度が弱くなっているため、すぐに上端が広がってしまい、抜け落ちるようになってしまった。


そこで、とりあえず、厚紙で広がらないように補強した。
IMG_4656.jpg

IMG_4660.jpg

これも、まあまあ良好な結果が得られたが、やはり、紙では強度が足りずに、また上端が広がってきてしまった。


今度は、金属製のステーとアクリル板で補強材を作ってみた。
IMG_5115.jpg

IMG_5117.jpg

・それと、凹の穴を詳細に採寸して、そのサイズに合わせて凸側のジョイントを作り直した。
IMG_4632.jpg
発泡スチロールとビニールがこすれると「キュッ、キュッ」と音が鳴るので、マスキングテープを貼った。


これで、だいぶ強固になった。


しかし、凹と凸が、あまりにもピッタリとはまってしまったため、抜くに抜けなくなってしまったが。。。


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2018 ValveLess Doll. all rights reserved.