• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
能面は、木彫りで表情が変わらないはずなのに、見る角度によって表情が変わって見える。

この改造では、プリントした画像を少し厚手のビニールに貼ってマスクにしているが、このマスクでも能面と同じような現象が起こるのだ。

改造が完成し、コスチュームを着せて写真を撮ったものをパソコンで見てみると、元の画像より表情がキツいように感じた。
マスクが頭部・顔面部の形に沿って湾曲していたため、見る角度によって目がつり上がって見えていたのだ。

つまり、こういうことだ。

・正面
IMG_5628.jpg

・上から
IMG_5629.jpg

・下から
IMG_5630.jpg

そこで、なんとか元の画像に近いイメージにならないものかと、調整することにした。


本来、平面画像のマスクでも、顔面部の形に湾曲していれば、あるていど立体的に見えるということはあるのだが、そうすると、前述の通り、見る角度によって表情の変化が大きくなる。
60r

理想としては、目や口といったパーツは変形させずに、顔の周辺部はラウンドさせる。
そうすれば、表情の変化は少なく、かつ、立体性も確保できるのではないか。
60s

・色の付いているところは、なるべく変形させたくない。
IMG_5631-2.jpg

そう考えての、『バージョン2.0.0、各部修正』で頭部にお面をつけたのだが、それだけでは、まだ全体的に湾曲してしまうので、マスク裏側の目の端あたりにスポンジを少し付けて補正した。
IMG_5651-1.jpg

これで、目の変形はだいぶ抑えられた。

・何もしない状態
IMG_5628-1.jpg

・スポンジを付けた状態
IMG_5632.jpg


しかしそうすると、今度はほほが広がってしまい、下ぶくれのようになってしまった。
これを補正するために、裏からマジックテープで口元の両端あたりを、若干、引っ張ることにした。
マジックテープを使ったのは、引っ張り幅を調整できるようにするため。
IMG_5651.jpg

これでバランスは取れたのだが、元の画像と同じ表情になったかといえば、微妙に違って見える。
人間の表情って、微妙で複雑だ。。。
IMG_5636.jpg



目の端のスポンジの大きさや、口元(ほほ)の引き締めは、画像によって微調整が必要で、場合によっては使わない方がいい場合もある。

この画像の場合、ウィッグをつけてみたところ、キャラクターのイメージ的に(勝手なイメージなのだが)口元の引き締めはない方がいい感じがした。

・口元の引き締めあり
IMG_5637.jpg

・口元の引き締めなし
IMG_5638.jpg

微妙な違いなのだが。。。


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.