• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
股関節の仕組み自体は、バージョン2から変わらないが(『股関節』)、強度を高めなければならない。
・崩壊したバージョン2の股関節。
71_9843.jpg


まずは、レールとなる本体のビニールを補強する。
そこで使用するのが、ダイソーのポンプボトル。
82_9842.jpg

これを輪切りにして、ドライヤーで熱しながら潰すと、ちょうどいい大きさになった。
82_4976.jpg

これを、ホールアダプターの時と同様、本体にネジで固定する。
74_5025.jpg
これでビニールが破れるようなことはなくなるはずだ。


バージョン2では、ジョイントにシャワーカーテンに付属していたプラスチックのリングを使っていたが、よく外れることがあったため、これも改良する。

使うのは、Dリング。
82_5105.jpg


Dリングだけだは、ブラブラしてしまうため、ストッパーでつなぎとめる。
バージョン2の時は、ほぼ試作状態だったのだが、今回はキチンと作らねば。
・バージョン2の時のもの。
IMG_3077-10.jpg

今回は、谷間ブラのストラップを使うことにした。
82_5076.jpg
このストラップは、もう使うこともないだろうし、フックが付いていて取り外しも簡単にでき、好都合なのだ。

ストラップは本体に接着。写真では分かりにくいかもしれないが、それも狙いのうち。
82_7077.jpg


このストッパーだけでは、横方向には抑えがきかないから、もう一つ、内側にゴムを付けることにした。
このゴムについては、マスクの時に説明するが(頭部:V.3)、ボタンホール付きのゴムなのだ。
これを、ホールアダプターのレールを固定しているネジに取り付ける。
82_7076.jpg


これらのパーツの脚への固定は以下のとおり。
82_5077_1.jpg
・Dリングの取り付けは、ナイロンクランプを使い、ネジ止め。
・ストラップのフックの受け側もネジ止め。
・内側のゴムは、ボタンホールが伸びることを考えて、キャップを付けてネジの頭を広くした。

内側は、またも蝶ナットで固定。
82_5078.jpg


完成!
82_7509.jpg

内側のゴム。
82_7309.jpg

動きも、まあまあスムーズ。
82_7515.jpg
内側のゴムは、気休め程度にしか効いていない。


しかし、これだけ補強しても、脚の重量が大幅に増加したため、その重量に耐えられるか不安だ。。。


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.