• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
ヒジ関節ユニットができたので、腕の作成。

・肩

肩関節の構造は、バージョン2と変わらない。(『』)
85_7100.jpg

85_7101.jpg

肩の発泡スチロールのフォルム(形状)を変えたのだが、これがちょっと失敗だった。
85_6927.jpg
どう失敗だったのかは、完成時に説明しよう。。。


・腕

腕のビニールは、バージョン2のものを使用。
何しろ、miyuの腕は意外に短かくて、実寸大のドールを作るには、miyu一体分では足りないのだ。
中身は、関節ユニットをつける必要もあり、スポンジも作り直し、一新した。
85_7105.jpg

85_7106.jpg

先端から輪ゴムが出ていて、いかにも手首と繋がりそうな感じだが、実は、何も機能しない。
85_7107.jpg

手(ハンド)は、バージョン2のものを使い回すため、手と腕をつなぐためのギミックが何もないのだ。
IMG_2539.jpg
輪ゴムを留めるためのフックでも作ればいいのだが、現状、手首関節は、なくてもいい、いや、ないほうがいいくらいなので、そのままにした。
決して、作るのが面倒くさかったわけではない。(考えるのが面倒くさかったのだ!)

じゃあ、なんで輪ゴムを付けたかというと、気が向いたら手も作り直すかもしれないから、その時のために、一応付けておいた。


・二の腕

二の腕は今回、ヒジ関節ユニットの関係でスポンジだとうまくいかなかったため、綿を詰めることにした。
85_7102.jpg

しかし、仮組で腕の部分を取り付けてみると、ヒジ関節ユニットの重量のせいで、綿だけだと二の腕部分が垂れ下がってしまった。
これは、さすがに骨格が必要だ、ということで、急遽、二の腕にも塩ビパイプで骨格を入れることにした。(写真では分からないが、綿の中に塩ビパイプが通っている)
85_7099.jpg

85_7098.jpg


・ヒジ関節の動きの確認

ほぼ、思惑通り動いてくれた。
85_7108.jpg
85_7109.jpg
85_7110.jpg


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.