• 09 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 11
ValveLess Doll
バルブレスドール:ラブドール・ラブボディのカスタム、改造
匂い、、、
これが、けっこう大事な要素だと思う。
動物的な感覚ということもあるだろうし、匂いをつけることによってドールを自分と異質なものにできるということもある。

ドールに匂いをつけるのに、ウィッグをシャンプーするのも有効だが、やはり、ニオイ系アイテムのほうが効果は大きい。
アダルトショップにいろいろ売られているが、その中からいくつか試してみた。
もっとも、匂いを言葉で表現するのは、なかなか難しいのだが。。。


ふわっと香る女子高生の髪の匂い〜清楚な黒髪系女子高生〜
95_3090.jpg

「清楚でおしとやかな女子高生をイメージさせる艶やかな香り」

、、、なんとなく分かるが、もう少し具体的な説明がほしいところだ。
匂いとしては、甘くないフローラル系の香りなのだが、いかにも”香水”っぽい。
しかし、つけた直後は香水っぽいが、一晩経てば馴染んできた。

それよりも、この製品は容器が問題だった。
プッシュ式のスプレー容器ではなく、フタに細い管が付いているだけだったのだ。
仕方がないので、プッシュ式スプレーの容器を買ってきて入れ替えたのだが、全部入らなかったので、半分くらい残しておいた。
そして、ドールにシュッシュッと吹きかける。
やはり、スプレーすると香りが広がる。
部屋中にまで香りが広がってる、、、と、思っていたのだが、その部屋中に広がった香りが、何日も収まらない。
ドールの匂いを嗅ぐと、確かにこのフレグランスの香りはしているのだが、部屋中に広がるまで強力な香りじゃない。
と、いうことは、、、しまっておいた、残りのフレグランスが入った容器を見てみると、倒れていて中身が見事に空になっていた。

これらの製品の容器は細長くて倒れやすいため、キチンとフタを閉めておこう、という教訓でした。。。


女子高生の匂い〜部活系女子の香り〜
95_1644.jpg

「明るく活発な 女子高生をイメージさせる 爽やかな香りです。」
「部活系女子が好む フレッシュでライトな フローラルな香りです」

こちらは、ちゃんとプッシュ式スプレーの容器に入っている。
「フレッシュでライトなフローラルな香り」とあるが、柑橘系フローラル(?)といった香り。
こちらも香水臭い。しかも、「黒髪」よりキツイ感じがする。
この「キツイ」というのは、香水のキツさというより、匂いの種類として、こちらの方がキツイということなのだが、、、やはり、匂いの表現は難しい。
しかし、こちらも一晩経てば馴染んでくる。

「部活系」というと、汗臭い感じがするが、体育会系というより、ショートカットの元気な女の子というイメージ。
「爽やかな香り」というより、「明るく元気な香り」といったイメージ。


萌え香水#3〜天然巨乳ドジっ娘の香り〜
95_8100.jpg

「巨乳ドジっ娘のいい香りを完全再現」
「巨乳のドジっ娘をイメージさせるラブリーな香りです。」

ますます訳がわからなくなってきた。。。
「巨乳の香り」というだけなら、まだ理解できそうなのだが、そこに「ドジっ子」が付くと、もう理解不能だ。
しかし、「巨乳娘が好むキュートなスイートフローラルな香りです。」と、これは、実際に匂いを嗅いでみると、すんなり納得できた。
容器から嗅いだ匂いは、前述の2つと違い、それほど香水臭くもなく、キツさもない。
言葉通りの「スイートフローラル」な香りだ。
しかし、ドールにつけてみると、午後ティーのストレートみたいな香りになった。
なんか違う。これは、女子の匂いじゃない。。。


こういった香り系のフレグランスとは違い、体臭を再現したものもある。

女子高生の体臭 女子高生のフェロモンたっぷりの淫臭
95_8098.jpg

「女子高生のカラダから発するオンナの匂い」
「女子高生の体臭を完全再現」
「本物の匂いのため取扱注意」
「注意 リアルな体臭」

「取扱注意」とか、ただのイメージ上の表現だろうと思ったのだが、これが、あながち誇張でもなかった。
これは、香り系の製品とは違い、リアルかどうかは別にして、本当に体臭系の匂いなのだ。
そう、"香り"じゃなく"匂い"なのだ。
手の甲に一回シュッとスプレーしてみたら、結構キツイ。
かといって、クサイということでもない。しかし、いい匂いではない。
つけすぎるとキツくなりそうだ。
ワンプッシュでちょうどいいくらい。

体臭でこれだから、足とか頭皮、パンツ、性器や潮の匂いとかになるとどうなることか、、、これがなくなったら挑戦してみようか。。。(でも、当分なくなりそうにない)


今回試してみたどれもが、はじめはパッケージに書かれていることを読んでもピンとこなかったが、実際に試してみると「言われてみれば、、、」的に、なんとなく分かるような気がしてくるから不思議だ。

今では、何もつけないと物足りなく感じるほど。
「ワンプッシュでちょうどいいくらい」と書いた「女子高生の体臭」も、今では何回もプッシュしているくらいだ。
やはり、匂いは大事だ。


スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL
Copyright © 2017 ValveLess Doll. all rights reserved.